建物全体

消えた看板の謎

消えた看板

朝来てみると、看板が裏返ってた。
・・・ように見えた。

なくなってる。

盗まれた?

こんなもの欲しい人がいるのか?(^_^;)



犯人は内部事情に詳しい人間のようです。
そう、書かれている内容に誤りがあったようで
ひとまず撤去中、とのこと。



にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ

ランキング参加しています。
1日1回↑両方のバナーをクリックありがとう。
コメント

はじめまして

はじめまして。古民家を探索して、こちらに来ました。
建物内部の写真など、色々と見せていただき、美しさにため息が出ました。昔のものは、一つずつが、きちんと作られていて、本当に美しいですね。

私自身は、アメリカで、1920年代後半に建てられたレンガの家に住んでいます。アメリカでは新築よりも、大工さんが職人の仕事をして建てた古い家に価値を認める人が多いので、古い家の方が値段も高かったり、古い家にしか興味を持たない人も多くいます。私もその一人です。

日本でも古民家を壊さずに、次の世代に残して欲しいと思います。また、遊びに来ますね。

Re: はじめまして

YUKOさん

はじめまして。^^
ブログへのご訪問、そしてコメントありがとうございます。

アメリカの古い建物もきっとすてきなんでしょうね。
そんなところで暮らしていらっしゃってうらやましいです、、、

長い時間とともにあった建物はその場所にしっくりなじんでいて
なんんていうか、木と同じように生きているような感じもします。
木も根を下ろした場所で何十年何百年と生きて
そして、その場所にあるのが当たり前で、なくてなならないもので、
そんな感じが古い建物にも感じられるなぁって。

これからも半平の写真とともにブログUPしていきますので
また覗きにきてくださいね。

ありがとうございました。


> はじめまして。古民家を探索して、こちらに来ました。
> 建物内部の写真など、色々と見せていただき、美しさにため息が出ました。昔のものは、一つずつが、きちんと作られていて、本当に美しいですね。
>
> 私自身は、アメリカで、1920年代後半に建てられたレンガの家に住んでいます。アメリカでは新築よりも、大工さんが職人の仕事をして建てた古い家に価値を認める人が多いので、古い家の方が値段も高かったり、古い家にしか興味を持たない人も多くいます。私もその一人です。
>
> 日本でも古民家を壊さずに、次の世代に残して欲しいと思います。また、遊びに来ますね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

半平管理人にゃんぺい

Author:半平管理人にゃんぺい
旧都築別邸(旧半平旅館)
高知県高岡郡四万十町茂串町2-3

<見学無料>
時間:8:30~17:00
休館:年末年始
駐車場:乗用車10台

<お茶カフェ>
時間:10:00~16:00
お休み:基本的にはなし
イベント時には休業することもあります

<レンタサイクル>
・2時間まで400円
 1時間延長毎に100円追加
・保証金1000円
 (自転車返却時に返金)
・営業時間 8:30~16:30

*子供用はご用意しておりません

<問い合わせ>
旧都築邸(半平)事務所
TEL:050‐8807-5075
四万十町観光協会
TEL:0880-29-6004

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード