お茶カフェ

幕末維新号、江川崎へgo!

半平カフェには、ローカル線を走る列車を見ながら、お茶を楽しめる客席があります

列車が来ると、一瞬会話が聞こえなくなるくらい近くを通過するのですが、田舎ダイヤの田舎使用列車なので、頻度は少なくほどんどが一両編成。
なので観光スポットのような感覚で地元列車を楽しんでいただくことができます(*^_^*)

そんな中、
『今日の午後、幕末維新号のトロッコ列車が江川崎に行くので半平裏を通りますよ!』
との情報をいただきました
幕末維新号トロッコ列車は、幕末維新博期間中、高知駅からい窪川駅までを運行する土日限定の列車なのでいつもは窪川駅止まり。
そんな列車が、本日のみ江川崎駅まで運行するというのです!

その時間にお席にいたお客様にご案内し、すぐさま半平裏の撮影スポットへっ!!


やはり、鉄道好きの方はこのレアなダイヤの情報をよくご存知で、カメラを構えてスタンバイ中の方もいらっしゃいましたよ
待つこと数分で。。。。。



お、きたきたッ!

維新号1


龍馬さん♡見えたァ~
維新号3



近い、近い!!
乗客の方の様子も見えたので、ぶんぶん手を振ってみました
林の影のあやしい私にも、喜んで手を振りかえしてくれましたよ(^O^)/たのしそ~~

維新号4



畑仕事をしていたご近所さんも、手をとめて一緒に列車を見送りました
いってらっしゃぁい

維新号5


以前、列車で江川崎へ出かけたことがあるのですが、同じ四万十川の景色でも国道から見るのとでは全然違ってものすごくキレイで感動しましたヽ(^o^)丿
機会がありましたら、ぜひお出かけください

古民家カフェ半平は、窪川駅から徒歩5~7分の所にあります
列車の待ち時間に是非ご利用ください♪

営業時間:午前9時~午後5時(ラストオーダー午後4時)
定休日:木曜日
050-8807-5075

【お知らせ】
6月11日(月)は、お料理教室開催のため、午後1時より営業致します
ご了承ください

お知らせ





コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

半平管理人にゃんぺい

Author:半平管理人にゃんぺい
旧都築別邸(旧半平旅館)
高知県高岡郡四万十町茂串町2-3

<見学無料>
時間:9:00~17:00
(ラストオーダー16:00)
休館:毎週木曜日
   年末年始
   ※イベント時には休業することもあります

駐車場:乗用車10台


<レンタサイクル>
・2時間まで400円
 1時間延長毎に100円追加
・保証金1000円
 (自転車返却時に返金)
・営業時間 9:00~16:00

*子供用はご用意しておりません

<問い合わせ>
旧都築邸(半平)事務所
TEL:050‐8807-5075

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード