建物内部

謎がひとつ判明したので、、、蝶と蟻です

謎の棒その2

いつぞやエントリーした記事に
この謎の棒のことについて書いたと思いますが
本日その名前がわかりました。

見学のお客様の雰囲気から建築に詳しい方とお見受けし
「あの~これご存じではないですか?」
と聞いてみた。
「あぁ、これは“チョウチョアリ”やねぇ」

ということで
“チョウチョアリ”だそうです
すっきり~(*^_^*)

“アリ”は“蟻”と書くのだそうで
建築用語で材同士を継ぐときの継ぎ目の部分で
蟻の足に形が似ていているので蟻なんだそうで
断面が蝶の形をしているものはチョウチョ蟻なんだそうで、、、

もっと詳しく知りたい方は、ググってください。
(うまく説明できないにゃんぺい、、、ごめんなさい)

にほんブログ村 住まいブログ 古民家再生へ
にほんブログ村


ランキング参加しています。
1日1回↑両方のバナーをクリックありがとう。

プロフィール

半平管理人にゃんぺい

Author:半平管理人にゃんぺい
旧都築別邸(旧半平旅館)
高知県高岡郡四万十町茂串町2-3

<見学無料>
時間:8:30~17:00
休館:年末年始
駐車場:乗用車10台

<お茶カフェ>
時間:10:00~16:00
お休み:基本的にはなし
イベント時には休業することもあります

<レンタサイクル>
・2時間まで400円
 1時間延長毎に100円追加
・保証金1000円
 (自転車返却時に返金)
・営業時間 8:30~16:30

*子供用はご用意しておりません

<問い合わせ>
旧都築邸(半平)事務所
TEL:050‐8807-5075
四万十町観光協会
TEL:0880-29-6004

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード